小田原 木の温もりに包まれたリノベーション

住み続けたい理由がある。小田原のリノベーション

木の温もりに包まれたリノベーション

永年、住み慣れた我が家、街だから愛着や想い出がたくさん。
これからの何十年も住み継ぐために。

小田原のリノベーション

リノベーションは通常、現在の住まいの不便さを解消するための工事です。
大切な家族の歴史が刻まれた住まいの面影を残しつつ、親から子、子から孫へと大切に住み継がれる家。
そんなリノベーションを私たちは心がけています。
見た目だけを綺麗にする。水廻りだけ新しく取り換える。
そんな「とりあえずリフォーム」とは違う、根本的な問題と向き合い、どうすれば家を大切に永く使うことができるのかを追求していきます。
大切な家族の歴史を残すために。

小田原のリノベーション

リノベーションで大切なのは、
間取りの「提案力」。

お客様が「こうしたい」と語るより、悩みを伝えるだけで解決策が生まれる。
それが本当の「提案力」。

住みづらい、とにかく寒い、水廻りが傷んできた…。
見学会に足を運ばれる方の悩みは人それぞれです。
お話をうかがい、お宅を拝見すると「何をどうすればいいのか」「どこまで手をつけるべきか」が見えてきます。
問題点を一つひとつ解決して、時には潜んでいる根本的な原因を見つけ出して対処し、以前よりも住宅の性能を上げて、長持ちする家をつくる。
それが、私たちが考えるリノベーションです。
この時に大切なのは「提案力」です。
全体を見て、予算とのバランスも考慮しながら、必要十分なリノベーションを行う。
それぞれの悩み、希望にこたえて、住む人一人ひとりを満足に導くことです。

このページの先頭に戻る